会長ご挨拶

クラブ活動方針 『集うことでつながりを築こう』
-Get  together-

2018-2019年度
砺波ロータリークラブ会長 上井 章


マーク・マローニーRI会長から
「ロータリーは世界をつなぐ」
ROTARY  CONNECTS  THE  WORLD


テーマの下、地域とのつながり、ロータリーの奉仕を通して有能で思慮深く、寛大な人びとが、手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いていきましょう。

《強調事項》

  • 奉仕活動やプロジェクトで地域に大きなインパクトをもたらし、会員の退会防止に努める。
  • ローターアクト、インターアクト、学友、会員の家族や友人も、ロータリー活動へ積極的に参加、協力を強化する。
  • クラブのあり方を、より柔軟にして、より多様な会員に魅力を感じてもらうことにより、積極的な参加を促す。

 


地区活動方針として
「一歩前進しよう (one  step  ahead)」


  • クラブにおいても中長期的な戦略計画を策定し、年度目標を立てて、目標を達成すべき行動する。

《地区目標》

  • 目標達成の為、ロータリー賞への挑戦
  • リーダー育成の観点から地区活動方針としてRLIへの参加を促す。
  • ポリオ撲滅への理解を求め、会員の積極的な協力を求める。
  • グローバル補助金を活用した奉仕活動の推進。
  • ロータリー米山記念奨学会の活動への理解と協力を求める。
  • 会員増強し、各クラブ純増1名以上。
  • クラブにおける戦略計画の立案と目標を設定。

 


砺波ロータリークラブでは、
「集うことでつながりを築こう (Get  together)」


  • 全てのクラブ員が楽しく集えるクラブ運営に努める。
  • 集まることから、つながりを深め、ロータリーの5大奉仕である「職業奉仕」・「社会奉仕」・「国際奉仕」・「クラブ奉仕」・「新世代奉仕」を通じて、仕事にかかわる人々、地域の人々、世界の人々とのつながりを通じて奉仕活動を実践していく。
  • RIの規定審議会が採択した柔軟なクラブの運営に務め、クラブの活性化のため、クラブ会則、運営組織構成の見直し、検証検討を行なう。

本年度は

  • 青少年育成事業の充実
  • 創立65周年記念事業に向けて
  • 規定検討協議             に取り組みます。

本年度は、いつでも楽しく集まり、ロータリーの奉仕活動が実践でき、よき仲間が増えるようなクラブ運営を行いたいと思います。
楽しく集まれる砺波ロータリークラブにしていくために、若輩者ですが、皆さんの御支持、御協力で充実したクラブ運営が出来ますよう、宜しくお願い致します。